メニュー

ご挨拶

このたび森田正哉の後任として理事長に就任致しました。
森田療法で知られる森田正馬は森田正哉の曽祖父にあたります。私は浜松医科大学精神医学教室において大原健士郎教授のもとで森田療法とともに、描画療法、老年精神医学等多くの領域の専門分野を学ぶ機会を頂きました。その後こうした経験を生かして長谷川病院においては急性期を、そして東京武蔵野病院においては救急医療とともに司法精神医学を専門として若い医師の指導にもあたってまいりました。こうした中で前理事長である森田正哉に出会ったのがきっかけで昨年4月に当院に就任致しました。森田療法をさらに広範な精神障害の患者様にお役立て頂きたいという思いとこれまでの経験を生かして地域医療に貢献したいという考えで決意した次第です。このたび理事長として愛弟子である森田正哉の命ともいえる財産を引き継ぐこととなり重責ではありますが精一杯その思いを受けとめて邁進する覚悟でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。

繰り返しになりますが、当院は今後も森田療法を柱とし地域医療にさらに貢献していく考えでおります。私自身はこれまで私的ではありますが、絵画、音楽活動等芸術にも深く傾倒し活動してまいりました。こうした経験を活かし、今後は(森田療法における)行動の場として畑のみならず芸術という創作活動をも組み入れるために既に準備を始めております。さらに先にも申し上げましたとおり神経症のみならず広範な精神症状にお役立て頂けますよう研究を続けております。ご存じのとおり当院は世界遺産である富士山が眼前に広がり駿河湾を見渡すことができるという絶好の環境にあります。大自然に癒されたご経験は皆様にも少なからずおありのことと存じます。こうした最高の治療環境では治癒能力及び治療効果が上がることが期待できます。多職種からなる治療チームにより一方向ではなくさまざまな角度から患者様を支えていくことができますようにもあわせて職員一同院内の連携を強めていくことに努めてまいります。

理事長 山下由紀

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME